出張講座

豆本作り出張講座を個人宅で行いました。製本系は持っていくものが多すぎて、忘れ物がないかドキドキしました(笑) 講座1時間前に到着しましたが、準備した後一通りの流れを確認していたらあっという間に開始時間に。事前準備のおかげでスムーズに行う事ができ一安心しました☺️

豆本作りで一番時間が掛かるのは本の中身を切りそろえること。皆さん自分が納得するまで何度も練習しておりました。1度目より2度目、2度目より3度目、どんどん上達していきます(^^)
プラスαでステキな生地やビンテージ生地なども持っていったのですが、その生地が好評でした✨

このように、運転できない方などからたまに問い合わせのある出張依頼。アトリエまでのバスがほとんどない為、個人からの依頼やサークル活動の出張講師として呼ばれることもあります。出張ご希望の方、連絡お待ちしております♪
 
🍎 手のひらサイズの豆本を作ろう https://notojimakaeru.com/miniaturebook_c

【特別講座】手のひらサイズの「豆本」を作ろう


手の平に収まる可愛らしい本のミニチュア「豆本」
この講座ではハードカバータイプでしっかりとした作りの豆本を伝授します。
こんな機会は中々ないと思いますので是非体験してみてください(^^)
 
数年に1度訪れる「豆本」の流行で、豆本作りの本や動画が沢山出てきました。それらを見れば自分でも簡単に作れちゃう!とおもいきや、、、出来るにはできるんですが、仕上がりが…意外と難しいんですよね。
この講座では、コツや道具の使い方などほんの「ちょっとした事」の積み重ねで格段に綺麗に仕上がる方法を伝授しちゃいます♪
 

カバーは何種類か用意していますので好きな柄をお選びください。そして私が収集してきた古い切手をどれか1枚差し上げます。持ち帰るのもよし、作った豆本の中表紙に貼るのでもよし、お好きにどうぞ♪
 
こんな風に切手を表や中に貼って楽しんでいる方が多いです(^^)


【日付】平日の開館日 ※要予約
【時間】①9:30~12:00 ②13:30~16:00
【人数】1回の講座で1~4名様まで対応可、5名以上のグループで来られる場合はご相談ください。
【受講料】2,800円(材料費含む)
【※割引】2名以上で参加・アトリエ生徒・過去の特別講座を受講の方 … お1人500円割引

※作業する方によって、2時間で完成する方もいれば、3時間で完成する方もおります。余裕をもってご参加ください。



私が20代半ばの頃は豆本作家としても活動しており(上の画像はその時のアイディアノートより抜粋)、その時に知り合った豆本作家さん達の色んな作品を持っていますので、それらもご覧いただけます。オリジナルの豆本を作ってみたい!という方、様々なアイディアで作られた作品を見ると創作意欲が湧きますよ(^^)♪

能登島で日本画体験「秋の花鳥画を学ぼう」開催


京都から日本画家の藤岡雅人先生をお呼びして「秋の花鳥画を学ぼう ~能登島で日本画体験~」を開催します。

日本画を知らない方でも先生が丁寧に教えますので安心してご参加下さい。絵が苦手な方でも大丈夫。へ~こんな材料でこんな風に色を作って塗っているのか!と、日本画の描く工程を知るだけでも本当に面白いです!

また日本画を描かれた事がある方には別の絵をご用意できます。(絹本も可!)普段お目にかかれない珍しい顔料もご用意しますので、是非この機会にご参加下さい♪
※日本画を1度も描かれたことのない方は、別の絵を描くことは出来ません。ご了承ください。

日本画復習会


7/3(火)日本画の復習会を行いました。
 
京都から先生が年3回ほど来てくださいますが、その間にせっかく覚えた日本画を忘れないよう、またレベルアップするようにと復習会を設けています。先生に教えてもらった方限定の復習会では、先生が用意したステップアップ題材とセレクト顔料を使用し、日本画を楽しみことが出来ます。
 
今回の復習会では能登島サンスーシィの長竹幸子さんを講師にお呼びし、皆さんには「ラン」を描いていただきました😊 長竹さんセレクトの挽きたて入れたてのコーヒーも最高に美味しかったです☕️
中級者は透き通る絹に絵を描く「絹本(けんぽん)」を学んだり、好きな題材を自由に描いたりしていました。
 



京都の日本画家藤岡先生に学ぶ「日本画体験」は、なんと2日間開催します!日付は9/19(水)・20(木)。
詳しくは次の記事にUPします♪

【終了】能登島で日本画体験


昨日開催した「能登島で日本画体験」が新聞に大きくとりあげられました。参加してくださった皆さんにも大変喜んでいただけ本当に嬉しく思います。

京都からお呼びした日本画家の藤岡雅人先生が選ぶ天然の岩絵具はとても繊細で力強く美しいものばかり。
先生が教える教室ではただ単に描く方法を教えるだけではなく、絵具の質を知ることもでき更に科学的な説明などもしていただけるので大変面白い内容となっています。